【20代インナードライの人に】セラミド化粧品の選び方

20代でインナードライの人は、
肌内部の乾燥を気にして保湿力の強いセラミド配合の化粧品を使おうと考えるのはいいことです。
セラミドは潤ったお肌をつくるための鍵を握る成分。
セラミド配合の化粧品を選ぶとき、化粧水、美容液、乳液、保湿クリームなど色々と選択肢があります。
しかし、化粧水だとお肌の奥まで浸透しないまま蒸発してしまうので、
セラミド配合の化粧水はあまりおすすめできません。
セラミド配合の化粧品は美容液、乳液、保湿クリームのいづれかがいいでしょう。
ただ20代の場合の油分がそこまで足りなくないので、乳液やクリームだと油分をお肌に与えすぎて
皮脂の詰まりが発生し、逆にニキビや肌荒れができやすくなったりもします。
皮膚科で処方してもらう薬である
ヒルドイドやビーソフテンクリーム、ビーソフテンローション等も同じことが言えます。まあ、個人差はありますが。
だから20代のインナードライ対策でセラミド化粧品を選ぶときは美容液で選ぶのがいいと思います。
セラミド1~3のいずれかが成分として配合している美容液を選ぶのがいいですよ☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です