生理ニキビは予防しづらいもの

生理中にできるニキビは女性ホルモンのバランスが影響してできるものだと思います。洗顔やクレンジング、化粧水などでお肌を清潔にし、保湿もちゃんとしてあげるのはもちろんですが、女性ホルモンバランスによる影響が強いものですから、なかなか予防しづらいニキビです。 生理中は気持ちも情緒不安定でストレスも溜まりやすいですね。イライラしたり怒りっぽくなったりもします。ニキビはストレスが原因でもできたりしますから、生理中は余計ニキビができやすいということになります。あと気になるのは夏だからお肌の乾燥ケアは別にいいよねと考え、肌の保湿をおろそかにしてしまう人も多いようです。 夏でもお肌は乾燥します。季節に関係なくお肌の保湿をしないと肌トラブルは起こりがちです。またUVケアについても夏に紫外線対策で日焼け止めを塗るのはマストですし、それ以外の季節でも塗ったほうがいいです。冬に紫外線はゼロということはありませんから。紫外線を肌に浴びるとにきびができやすくなるきっかけになったりとかそのほかの肌トラブルにも繋がったりしますからね。 あとは生理中はお肌が敏感なので敏感肌用のスキンケア用品を使うのがポイントです。 敏感な時期に刺激性のある化粧品を使っちゃうと肌にダメージを与え、生理 ニキビがひどくなるということもあるわけですから。生理の時はパラベンなどの化学成分が入ってない基礎化粧品もお肌に優しいのでおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です