インナードライのスキンケアのコツ

インナードライの人はスキンケアのコツについて。
インナードライは肌内部が乾燥しているのに、肌表面はテカテカと脂っぽい状態のことをいう。
ポイントは肌自らが潤っている状態を作り出すことだ。
そのためには保湿力の高い成分が配合している化粧品を使うのがベストだろう。
あと化粧水で補うのではなく、美容液やクリーム、乳液がいいと思う。
化粧水だと一時的に肌をみずみずしくさせるが、時間が経つと蒸発され肌の奥まで浸透しにくいというデメリットがあるからだ。
インナードライの人におすすめの保湿力のある成分はセラミドが一番。
他にはヒアルロン酸、エラスチン、コラーゲンなどもおすすめ。
どれも水分保持力の強い保湿成分だ。
これら成分が入った化粧品を使い続けることでお肌が潤った赤ちゃん肌へと近づくことができるだろう。
インナードライが解決されれば自ずと肌トラブルが減ってくるはずだ。
加齢とともに増えるシミ、たるみ、黒ずみ、しわといった肌トラブルの改善にも役立つと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です